大司教のいとも絢爛なる霊感 | 食べて、呪って、変をして、
INDEX >  大司教のいとも絢爛なる饗宴 > 大司教のいとも絢爛なる霊感

大司教のいとも絢爛なる霊感

1 2 3 4 5 6

「はあ、ああっ、わかったかっ料理長……こうだ!」
 タベルナは何も言わず、というか何も言えず、顔を紅潮させた。
 まるで踊り子のように腰を振る大司教の姿も、妖しく乱れた低い声も、あまりにもタベルナの精神衛生に悪かった。暗い汗に濡れた肉体がぬらぬらと照り、うねる。厚い胸板も堅牢な腹筋も欲を追う吐息に震え、傾げられた太い首を汗が一筋伝う。
 元から無い慎みというものが、これでもかという程かなぐり捨てられている。そんな淫らな姿を見て、若い娘の男の欲望の部分が正気でいられようか。
「無理です猊下、無理です!」
「無理だと、余に向かって無理などと言う奴は一も二もなく収容所……」
 タベルナの言葉の意味を行為が出来ないという方向へ曲解した大司教だったが、しかしすぐにそれは間違いだったと気付いた。床に押し倒され、唇を奪われてからであるが。
「ふうぅ、ふえ、んふ」
 タベルナは愛らしい吐息を漏らしながら一心に大司教の唇を吸い、美食家な肥えた舌を洗練された舌でなぞる。すると大司教も応えるように舌を合わせてきて、タベルナの甘い唾液を嚥下する。
 小さな手は男の胸や脇腹をもぞもぞと撫で、その肉体の頑健さを確かめる。愛する者の身体と思えば、その堅牢なまでの頑健さはたちまち愛欲の的になる。
 素肌同士を重ね合わせたくて、タベルナは大司教の唇を解放し、上着とシャツを脱いだ。
「やっとやる気になったのか、ええ?」
 そして接吻の痕を残すためにがっしりとした首筋に顔を埋めれば、低い嗤いが耳元で弾け、下腹部を大きな熱い手で弄られる。
「なら下もさっさと脱いだらどうだ」
「やっ、ああ、きゃ……」
 タベルナの腰が砕け、大司教の大きな身体の上にくずおれてしまう。身体の一点に触れられているだけなのに、その手にすべてを支配されてしまっているような妖しい快感が突き抜ける。
 その恐ろしいまでの奔流から逃げようと腰を浮かせようとするが、柱のような腕に細い腰を押さえつけられてそれは叶わなかった。そして大司教は器用な事に、片手で下衣のボタンを一つ一つ外していく。
 ぷつりぷつりと小さなボタンがホールから解放される度に、その微かな振動が熱の塊を昂らせる。そして生地越しに時折下腹をかする手の感触がまたタベルナを焦らす。
 そんな動きは実に手慣れたもののようにタベルナには感じられて、なんて酷い聖職者だ、と甘い落胆が訪れる。
「なんて浅ましい性器だ。お前のような軟弱な身体の持ち主の逸物とは思えんぞ」
 とうとう露出させられたそれに大司教の手が絡まる。まるで邪な蛇のような手が。
「あん、あ、あぁっ、猊下……」
「これで余を弄り倒そうというわけか」
 淫らな期待を吐き出す先端を人差し指で突かれると、タベルナは声を抑えられない。
「いやぁ、ふぁ、やめて、出ちゃう……っ」
 腰が痙攣し、ぶちまけそうになるのを我慢するだけで精一杯だ。
「しかしうい小娘のような声で鳴く。それで余を満足させられるのか」
 しかしそこまで謗られて料理長たる者が黙っていられようか。タベルナは大司教の腕を己の身体からはぎ取ると、大司教の脚を開かせようと太い大腿に手をかける。
「どうして猊下はいつもわたしをそうやって詰るのです」
 いい気はしませんよ、とタベルナ。
「お前だけではない。誰に対してもこうだ。こう言ったら自分が特別でないようで不満か、んん? だが……」大司教はタベルナに対して居丈高に振舞いつつも自ら脚を広げ、手で押さえる。「こうやって脚を開くのはお前にだけだぞ。どうだ、嬉しいか」
「ああ猊下、あなたは何て面倒な方!」
 タベルナは大司教の肉壺に己を突き込んだ。抉じ開けられる熱い粘膜がまといついて来る感覚が心地よい。肉壺の熱が急激に押し寄せてきて、抑えようのない愛しさがこみ上げてくる。肉体的にも、精神的にもだ。
 すべて大司教と愛し合って初めて知った感覚だった。
「あうぅっ、んぉ……好きなように、言え。お前の方が余の数段上を行く面倒な奴だよ」
 大司教の身体が仰け反り、息が弾ける。
 肉壺はタベルナを優しく包み込み、柔らかく揉んでくる。
 タベルナは自身が先に埒を明けてしまう前に大司教を追い込んでしまおうと、その太い胴に手をかけて腰を打ち付けはじめた。
 ぱちゅ、ぶちゅ、どちゅ……。
「はあ、ぁ、あふ、んん……」
 なるべく勇ましくいようと思うのだが、変な声が漏れてしまう。程よく締め付けてくる大司教の中はどうしてどうして実によいもので、こればかりは仕方のない事なのだ。まるで熱でも出たかのように身体中がぼうっとしてしまう程いいのだから。
「ああ料理長殿、実に情けない!」
 大司教の脚がタベルナの腰に回され、もっと奥へ、もっと締りのいい体位へと導く。性器を断続的に締め付けられ、搾り取られるような快感にタベルナの腰が痺れ、もう早気をやってしまいそうになる。脚を絡ませ腰を招き、タベルナを締め付けてくる大司教は本当に人を堕落に導く悪魔のようだった。
 タベルナの滾る性器に絡みつく肉襞は、根本から先端までを揉み上げるように扱いてくる。そうなるとタベルナの全神経が性器に集まってしまったようになり、まるで身体全体を愛撫されているかのような悦楽があった。
「やらしいですっ、猊下はやらしい、すごくやらしい方ですっ……!」
 気を紛らわせるために、思いつく限りの罵倒を腰の打ち付けに上乗せして大司教を責めたてる。
「ふうぅ、んっ、それで詰っているつもりならおめでたいな。まるで子供の喧嘩だ。淫乱だとか好き者の娼婦だとかくらい言ったらどうだ、ええっ……!」
 タベルナの幼い罵倒を大司教が嘲笑する。しかしその声はどこか昂り揺れていて、タベルナの行為と子供じみた情けない罵倒のよさを物語っていた。
「そこまでは言えませんっ。だって、だって……」
 タベルナの声色がいやましに切なく震える。
「なんだ、自分だけ清廉潔白なつもりなのか。聖職者を聖域でいいようにしておいて」
 人をいいようにしているのはそっちだろ、という応酬は熱に浮かされたタベルナの脳裏にはこれっぽっちも浮かばなかった。
「違います、わたし、オクタビウス様をお慕いしているから」タベルナは息も絶え絶え続ける。「だからそんな酷い事言えません……」
 名を呼ばれた事と切なげな表情で見下ろされた事が相まって、大司教は意図せぬ法悦に襲われる。
「ぐあ、ああぁっ、くそぉっ……!」
 大司教ははらわたを掘り込まれる事による軽い絶頂に身を焼かれ、顔を顰め身体を仰け反らせた。そのせいでタベルナの肉棒がきつく締め上げられ、大司教のぷくりと膨らんだ性感に触れる。
「やぁっ、ああっ」
 笠を撫でてくるそのぬるついた卑猥な感触にタベルナは身体をびくびくと震わせて喘いだ。
 もうこのまますべて出してしまってもいいかもしれない。早いだの下手糞だの罵倒されたとしても、そんな事は迫りくる快楽の前ではどうでもいい事に思える。
「んぁ、猊下、わたし、もうだめです……」
「あ、が、だめだやめろ!」
 今の体勢で気をやられては、いい場所を擦り込まれて大司教まで無様に埒を明けてしまいそうだった。それではタベルナと変わらない、浅ましく性欲を持て余した阿呆と同じだ。
「むりですぅ……っ!」
 タベルナは怒張を大司教の奥にどすっと突き刺し、最初の切欠をどろりと垂らした。射精の始まりではあったが、発散は弱弱しく緩慢でもどかしいものだった。
 とろとろと粘度の高いそれは大司教の中を舐り、はらわたを汚してゆく。
「ああ、ああぁっ、そんな奥で出すなぁっ」
 奥まで料理長の物にされる感覚はいいものだが、いかんせん場所が悪い。そんな悪い場所を抉られたまま射精されると、頭の奥で爆発への秒読みが始まってしまいそうだった。
「ん、ん……ごめんなさいぃ」
 タベルナが腰を引くが、絶頂しかかった大司教の熟れた肉壺は彼女に縋り、いいだけ引き留める。
「あ! うそっ、やぁ、いい……ん」
 その絡みつく柔肉の感触がタベルナを苛み、そのよさに理性が弾け飛んだ。タベルナはもっと高みを求め、大司教の事などお構いなしに腰を振りたくる。
 ばちゅっ、ぶちゅ、ぐちゅ……っ。
「はあぁっ、やめ、あうっ、やめろ! あああ!」
 大司教の切羽詰った声が空気を震わせる。しかしその拒む声とは裏腹に、脚はタベルナの腰を自身に押し付け、腕は彼女の首の後ろにしっかりと回されていた。
「オクタビウスさまオクタビウスさま、おく……あ! 当てないでえ」
 大司教の奥がタベルナの先端を弄る。そのおかげでタベルナの射精感は回復し、その解放の勢いが取り戻された。
「ああぁ、ふざけるなっ、当たってるのはこっち……うあ、おおぉ……っ!」
 動かしながらの射精という凶悪な行為が大司教を狂わせる。
 ごんっ、ごつっ、ごぶっ!
 浅い部分の肉襞には精液をなすり付け、奥は殴り抉るように突く。
「抜けっ、もう抜けえぇ……っ!」
 大司教は珍しく顔を紅潮させ、泣き喚く。怒張は堪えすぎて激痛を覚えてしまう程立ち上がっているが、尻の方は心地よく甘く痺れている。そんな尻の快感に引っ張られてタベルナに甘く強請って声の限り悶えてしまいそうになる。しかしそれはすなわち大司教にとって完敗なのだ。
「猊下が、オクタビウスさまが放してくださらないんですっ」
「お前が大きいせいだろう……! このっ、この、大きいだけの役立たずっ! ばかっ」
 せり上がる快感から気を逸らすために大司教はタベルナを口汚く野次る。
「オクタビウスさま、ちょっとだまって」
 大司教のそれが虚勢だと薄々分かっていたタベルナは、子供に見せるような笑みを浮かべて組み敷いた彼を見下ろした。そんな微笑がオクタビウスの心をかき乱すとは知らずにだ。
「だ、黙れだとお前誰に向かって……ふ、うぅ!?」
 ぎゃあぎゃあうるさい大司教の唇をタベルナは自身のそれで塞いだ。暴れる毒っぽい舌は優しく撫でれば鎮まり、荒く激昂した息は鼻にかかった吐息に変わった。
「んん、ふう、ぉ……」

1 2 3 4 5 6

| 大司教のいとも絢爛なる饗宴 |



INDEX

Copyright © 2015 食べて、呪って、変をして、All Rights Reserved.