狂瀾合体テーナイト | 食べて、呪って、変をして、
INDEX >  狂瀾合体テーナイト 

The Pilot

2022/08/01 公開  所要時間:約 40分27秒

「平和と自由のために、あなたの悪徳をお借りしたい」ロボット警官のその申し出をすげなく断った主人公は、肉体的に篭絡され、なし崩し的に協力させられる羽目になるのであった。

「私です」
 それが「あたしの事欲しいのは誰」という内藤マナの支配的な問いに対する答えであった。
 聞けば聴くほど不思議な声だった。
 平坦にして低い男声。金属的な反響とも、くぐもりとも取れる異質な効果で包まれている。まるでラジオ越しの声のように。
 しかし穏やかで、優しげで、マナの記憶に埋もれた郷愁を誘う。そしてこうした状況においては淫らに濡れ、する必要のない吐息の乱れすら滲む。
 加えてそこに、独特の狂気と偏執の色も含み、時にマナの精神を苛み縛り支配する。
 妙なる均衡と調和、完全無欠の狂った合成音。<……[本文へ »]

超能力者がいっぱい
After you get what you want

2022/08/14 公開  所要時間:約 27分38秒

マナと家族の住む家に転がり込んできたT4-2。家族の秘密を暴き立てようとしたり、マナを半ば無理やり外出に誘ったり。出かければ出かけたで、やはりトラブルは二人を放ってはおかないのだった。

 昔の夢を見た。
「一緒に行きませんか。あなたの事は限りない一生をかけて守ります」
 燃えるような夕日を後光のように背負って、その姿は輪郭しか分からない。その人物は瓦礫を枕に横たわるマナに手を伸ばす。
 よく見る夢だった。
 ついて行ったら今頃どうなっていただろうと思いながら、切ない気持ちで目覚めるのがいつもの流れだった。


 今朝も少し寂しい気持ちで夢から浮上したが、それよりなんだか瞼の外が眩しい事や、まだ春なのに朝から暑い事の方が気になった。
 マナは半分覚醒しながら、熱っ……[本文へ »]

洗濯日和
Favor Laborer Neighbor SPY

2022/09/01 公開  所要時間:約 20分43秒

マナはご近所の評判思わしくないT4-2を人気者にしてやろうと、わざと派手な戦いをさせてやるが……。洗濯日和の今日、すべての汚れは万事濯がれるのか、否か。

 愛しているなどと言葉にするのは容易く、安っぽい。
 この気持ちの落としどころはどこなのか、星の心が望むのは何なのか……柄にもなくそのような事を思いながら目覚める。
 カーテンの隙間からは隕鉄の表面に奔るような青い光。まだ太陽も登り切っていないような時刻。
 もう一度目を閉じてもいいかなと思うが、そろそろ目覚ましが来る時間だろう。
 耳を澄ます。しんと静まり返った家の中で、向かいの部屋の襖が引かれる音がはっきりと聞こえる。そしてゆっくりと廊下を踏み締める足音。本人は極めて静かに歩いているつもりなのだろうが、重量級の目方を支……[本文へ »]

嫉妬と献身 A
As You Like

2022/10/07 公開  所要時間:約 20分17秒

訪れた百貨店にて御多分に漏れず超能力者に襲われる二人。マナは嘔吐して、機械仕掛の四肢は盛大に吹っ飛び機械油が噴き出す。しかし互いに大概変態なので、いくらボロボロになろうが、エロい事はしっかりヤってからお開きです。

折角の遮光性の高い、洒落た柄のカーテンは開け放たれて、淫らな弧を描く三日月が室内を青白く照らす。
 クローゼットや箪笥、書物机や作業台で所狭しな八畳間。それだけならまだしも寝具はベッド。買いたてほやほや、新品のセミダブル。足の踏み場もない部屋とはこの事。
 部屋の中心に置かれたベッドが軋む。その上でゆるやかに蠢く影は二つ。すらりとしなやかで健康的な体型の女と、それに組み敷かれる屈強な鋼鉄の男。内藤マナと、内藤丁ことT4-2である。
 寝台に二人で乗っていては底が抜けるのではないか、しかも片や重量級、と初めマナは心配もしたが、今はそ……[本文へ »]

嫉妬と献身 B

2022/11/17 公開  所要時間:約 26分17秒

百貨店の事件から一夜明けて、聴取のために呼び出されたマナ。恥を晒しながらも恙なく聴取を終えて安堵するマナとは対照的に、T4-2の様子は浮かないどころか毒のある態度を示す。

 開け放たれたカーテンの外、雷光が迸り、窓枠とガラスを流れ落ちる雨の影をマナに投げかける。
 そこは置かれた洋家具に相応しい間取りのアパートの一部屋。部屋の主人は、本宅は内藤家でこの部屋は物置だと宣っていたが、そんなのは名ばかりとしか思えない程に天井は高く、床面積も広い。
 本宅の自室より物置の方が広いなんておかしい、と言おうものなら、物置を定義するのは広さではありません、と返される事請け合いだろうから、わざわざ言いはしないが。
 窓を叩く雨の音を掻き消すほど大きな雷鳴。
 驟雨に打たれる前に室に逃げ込んだ筈なのに、しっと……[本文へ »]




INDEX

Copyright © 2015 食べて、呪って、変をして、All Rights Reserved.