INDEX

嫉妬深い彼
The Honor of Victory
嫉妬深い彼

心配症な年嵩の旦那さまと、天然ドSな若いふた奥さまの、ほのぼの愛情もの。

城塞都市の青髭公
The Honor of Victory
城塞都市の青髭公

残忍と名高い公爵と、慈悲深く夫を愛する奥方の、まったり愛情もの。童話の青髭をモチーフに。

大司教のいとも絢爛なる饗宴
The Honor of Victory
大司教の
いとも絢爛なる饗宴

唯我独尊生臭大司教と、それに手を焼きつつ思慕する料理人の真剣恋愛もの。基本二人ともアホ丸出し。

The Honor of Victory
The Honor of Victory
The Honor of Victory

名誉、地位すべてを失い剣闘奴隷になったエジプトの将軍と、それを馬車馬のようにこき使う守銭奴娘の戦闘と報酬と恋愛もの。

狂瀾合体テーナイト
The Honor of Victory
狂瀾合体テーナイト

わけあり超能力者(ふた女)×ロボット警官(がっちり男性型なのに女性器のある変態エセ紳士アンドロイド)の冒険しない活劇。

その他の短編
The Honor of Victory
その他の短編

シリーズ物ではない、一話完結もの。

埋め草
The Honor of Victory
埋め草

Twitterで公開した、これまでの小説の番外編やエロなし短編など。

previous arrow
next arrow

小説一覧

嫉妬深い彼
心配症な年嵩の旦那さまと、天然ドSな若いふた奥さまの、ほのぼの愛情もの。→シリーズ一覧へ
  • 頭痛持ちの彼

    妻のために、屋敷で夜会を開いたドゥーベ氏。しかし妻が若い男たちにちやほやされるのが気に入らず、無理矢理さらって部屋に連れ込むのですが……。

  • 寂しい時の彼

    仕事で一週間屋敷を留守にすると妻に言う夫。そこで妻が心配したのは夫の体調ではなく、自分の性欲処理をどうするかという事。自分で慰める術を知らない幼い妻に、夫はその方法を教えるのですが……。

  • 正夢の彼女

    夫を待ち暇を飽かしているうちに眠りに落ちるイザドラ。夜中にやっと夫が帰って来たと思いきや、どうやらそれは寂しさが見せた夢のよう。夢なら夢でいいとイザドラは思うのですが……。

  • 留守番する彼

    一人で外出するというイザドラを快く見送るドゥーベ氏。そしてイザドラは出先でD……伯爵夫人にあんな事やこんな事をされてしまうのですが……。

城塞都市の青髭公
残忍と名高い公爵と、慈悲深く夫を愛する奥方の、まったり愛情もの。童話の青髭をモチーフに。→シリーズ一覧へ
  • 城主の帰還

    城塞都市に一カ月ぶりに帰還した城主は、出迎えた奥方にそっけなくする。しかし実は彼女を心から思慕しているのだった。*エロ部分には関係ないのですが、軽い拷問描写と流血描写があります*

  • 雨の妃

    城主はその奥方と賭けをする。城主が勝てば奥方を好きにしてもいい、と言われる。では城主が負けたのなら……。

  • 冥婚

    六番目の妻を失った城主は古い塔に足を踏み入れた。果たしてそこには……。序章のような話です。そしてかなりの電波。

  • 青髭公の盾

    公爵は手練れを雇うために槍試合を開催する事に決める。しかしそれは軍備のためだけでなかった。

  • 槍試合

    恙なく繰り広げられる槍試合。公妃は満足げであるが大公は細々と気に食わない事があるようだ。

大司教のいとも絢爛なる饗宴
唯我独尊生臭大司教と、それに手を焼きつつ思慕する料理人の真剣恋愛もの。基本二人ともアホ丸出し。→シリーズ一覧へ
  • 大司教のいとも絢爛なる妙愛

    三日三晩に渡る大饗宴は大成功。大司教はその料理長を前にして労いという名の……。ずっと大司教のターン!→やっぱり料理人のターン!

  • 大司教のいとも絢爛なる霊感

    大饗宴の夜の出来事からしばらくの後。大司教に想いを告げた料理長は今更羞恥に苛まれていた。しかし大司教はそんな事さっぱり気にしていないのだった。

  • 大司教のいとも絢爛なる幸運

    厨房は神聖な場所。そう言って厨房では料理長は大司教に絶対に身体を許さない。ではどこでならするのかというと、「やどりぎの下でならキスでもなんでもしますよ」。料理長はそんな言葉を吐いた事を後悔する羽目になるのだった。

The Honor of Victory
名誉、地位すべてを失い剣闘奴隷になったエジプトの将軍と、それを馬車馬のようにこき使う守銭奴娘の戦闘と報酬と恋愛もの。→シリーズ一覧へ
  • 信頼と栄光

    初の剣闘試合で勝利を収めた将軍に闘技場全体の称賛が飛ぶ。しかし彼が唯一欲しいのは……。

  • 敗北と価値

    獅子との戦闘で瀕死の重傷を負った将軍。将軍の主人は彼を甲斐甲斐しく看病する。多分、金のために。

  • 戦友と報酬

    剣闘試合で幸運にもかつての部下と再会する事ができた将軍。将軍の主人は悩む事なく大枚はたいてその部下を買い戻す。その行為に報いねばならないと思った将軍は礼を言いに行くのだが……。

  • 呪禍と幻想

    戦車レースで見事勝利を収めたセジェルだが、沸き立つ観客の中にヴィットリアの姿はない。その時抱いた感情はまったく複雑怪奇なものであった。

狂瀾合体テーナイト
わけあり超能力者(ふた女)×ロボット警官(がっちり男性型なのに女性器のある変態エセ紳士アンドロイド)の冒険しない活劇。→シリーズ一覧へ
  • The Pilot

    「平和と自由のために、あなたの悪徳をお借りしたい」ロボット警官のその申し出をすげなく断った主人公は、肉体的に篭絡され、なし崩し的に協力させられる羽目になるのであった。

  • 超能力者がいっぱい

    マナと家族の住む家に転がり込んできたT4-2。家族の秘密を暴き立てようとしたり、マナを半ば無理やり外出に誘ったり。出かければ出かけたで、やはりトラブルは二人を放ってはおかないのだった。

  • 洗濯日和

    マナはご近所の評判思わしくないT4-2を人気者にしてやろうと、わざと派手な戦いをさせてやるが……。洗濯日和の今日、すべての汚れは万事濯がれるのか、否か。

  • 嫉妬と献身 A

    訪れた百貨店にて御多分に漏れず超能力者に襲われる二人。マナは嘔吐して、機械仕掛の四肢は盛大に吹っ飛び機械油が噴き出す。しかし互いに大概変態なので、いくらボロボロになろうが、エロい事はしっかりヤってからお開きです。

  • 嫉妬と献身 B

    百貨店の事件から一夜明けて、聴取のために呼び出されたマナ。恥を晒しながらも恙なく聴取を終えて安堵するマナとは対照的に、T4-2の様子は浮かないどころか毒のある態度を示す。

  • 南の十字から来た男

    何か起こりそうで起こらなさそうな夜、二人は約束通り酒場に出かける。 本当に何も起こらないのでだらだら喋っていつも通り滅茶苦茶セックスをする。 そしてT4-2はやっぱりヤバい奴なのだと改めて確信するマナなのであった。

その他の短編
シリーズ物ではない、一話完結もの。→シリーズ一覧へ
  • シャン・ド・マルス駅行の切符二枚

    腹話術師とその助手のお話。ヘクトやら漫画やらへのオマージュです。思った以上に似てしまって困ったどうしよう。

  • 「お父さんは知っているのかい」

    放蕩主義な伯爵は知人に誘われて怪しげな娼館に。そこで抱けるのはアンドロギュヌスで、伯爵は胸を躍らせて挑みかかるが……。

  • それも結局勝利の一種

    魔王は王女を攫い手籠めにして屈辱を味わわせようと目論む。だがそこはこのサイトの小説、そうそう上手く行くわけがないのだ。

  • このめでたい門出の日に

    人間(ふた少女)×ケンタウロス(男)ものです。汚い喘ぎと淫語をいつも以上に多用しています。

  • 乗船日和 上

    ふたなり娘(S)×おじさん(超弩級のM、精神壊れ気味、妄想癖、汚喘ぎ、欠損あり、軽度に拷問される(た)、嘔吐、失禁、腸内洗浄・排泄、直腸開発、逆アナル、腸内放尿される)のいつもの変態アベック大勝利のお話。男の一人称です。続きそうな感じで終わりますがこの話だけで読めます。

  • 乗船日和 中

    「乗船日和 上」の続きです。男の一人称です。 拘束、イラマチオ、嘔吐、異物挿入、スパンキング、乳首ピアス施術、失禁、逆アナル、直腸姦、のいつもの愛あるゆるふわえっちです。やっぱり続きそうな感じで終わりますが続かなくても大丈夫な終わり方になっています。

  • 赤ずきん、あるいは

    初心な童貞ふた女×天然に擬態したビッチなカントボーイおじさん。のおはなし。女がおじさんを押し倒す→押し倒し返されて搾精される→押し倒し返し返しでイかせまくる→めでたしめでたし!

  • 生贄の羊

    憎からず想う半陰陽が村を去ってしまうのを阻止するため、男は半陰陽にその身を捧げにゆく。で、当たり前のようにエロい事をする。

  • 無題のドキュメント

    ふたなり妻×カントボーイ夫。四肢欠損描写あり。故あって未だ肌を重ねていなかった夫婦。夫は四肢欠損した自分に妻が欲情しているのではないかと推測し、その自然の肉体を妻の眼前に晒す。びっくりするほど短いです。

  • 君を生き存えさせるためのAtoZ

    ふたなり妻×カントボーイ夫。
    四肢欠損、子宮姦描写あり。
    無題のドキュメントの続きのような話です。
    妻は夫が自分に興味を持たないのは人格が変容したからではないかと訝しみ、問い詰めに行く。そこで事の真相を知るが、夫に劣情を抱くまでになっていた妻は夫を押し倒し、思いを遂げる。

  • Like a goblin

    ふたなり人間妻とゴブリン夫の異種婚姻譚。 事故で死んだ妻を蘇らせるため、夫は旧い神に生贄を捧げる。果たして蘇った妻は理性を持たず、夫を手酷く犯す。 ゴブリン夫の精液ボテ、失禁、ザーゲロ、流血、痛い描写があります。 しかしやはり変態夫婦大勝利のハッピーエンドであります。

  • ——of the day

    喫茶店のマスター(カントボーイ)と、そこに住み込みで働いているふたなりの話。相思相愛で付き合っているようなものなので、普通に気分と流れでエロい事をおっぱじめるほのぼの日常系。